カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ


 
 

数あるツイードメーカーの中でも、「シャネルツイード」で知られるイギリスの老舗ファンシーツイードメーカー、リントン社。

 

1912年、スコットランド人のウィリアム・リントンが、スコットランドとの県境にあるイギリス北部、カンブリア州カーライルに、「リントン・製造工場」を創設したのが始まりです。








設立当初は、たった2人のセールスマンとポニーで湖水地方を周り、ウール原料を仕入れては、毛織物にしたスーツ着分を売り歩いていました。

1920年代、リントン社にとって、歴史的な出来事がありました。
ウィリアム・リントンは親友の一人の洋裁家から、生き生きと力強い、若きフランス人ココ・シャネルを紹介されたのです。

以降、年月と共に取引関係は発展を続け、大手メゾンの一つである「シャネル」がリントンの最上かつ最も名声のある顧客となりました。

時は流れ、リントン社のツイードは「上質」の代名詞となり、その極めて美しい生地は、パリのキャットウォークでの常連とまでになりました。

これは、アメリカでの大きなビジネスへと繋がりました。

アメリカでは、シャネルの様なパリのクチュール・メゾンの発表する作品を参考にした既製服作りが盛んな上、シャネル御用達であるリントンの生地に多大な注目がありました。

30年代から50年代に掛けて、リントンの娘であるアグネス・リントンは、生地サンプルで一杯にしたトランクを携え、船でアメリカへ渡りました。

戦争以外では、アメリカでのビジネスは大変上手く行き、リントン・コレクションは毎シーズン、僅か10から12の特権階級の顧客に披露されていました。







50年代には経営者はアグネス・リントンからその甥へと代が変わり、リントンはその栄えある成功を続けていましたが、1963年にはリントンのビジネスにも陰が見え始めました。

*スコットランドやヨークシャーにある何百もの企業と同様、その時点においてもリントンはまだウール100%の生地を生産して いましたが、より安価な商品を生産出来るそれら大手企業との競争は激しいものでした。

*アメリカでの成功によって、生産された商品の実に85%はアメリカへ輸出されており、全てをアメリカの市場に頼っていました。

その為、67年に起きた7番街での労働組合のいざこざに影響され、リントンの顧客が廃業に追い込まれた時には、リントンは壊滅的な ダメージを受けました。

経営者の代が変わり、様々な人の入れ替わりを経たリントンには、忠実で真面目な従業員がいましたが、100人以上を解雇せざるを得ない状況になっていました。








そんな中の1969年、63年にマネージャー兼デザイナーとして入社したレスリー・ウォーカーが経営者トップを勤める事となり、リントンの新しい時代の始まりを見ました。

*新しい手作りのエキゾチックな糸が取り入れられ、デザインを引き立てました。

*新しい機会を導入し、独自のファンシーヤーンを作り始めました。

*新しい糸染め技術が取り入れられ、色の幅が広がりました。

*伝統的な後染め生地は新しくデザインし直され、軽量化されました。

*新しいコレクションが今正に市場へのデビュー待ちです。
リントンの支持と忠誠に支えられ、レスリーは今ビジネスを再生し始めました。

*新境地としての日本へ行き、日本人がシャネルで使用されている
生地にとても興味を持っている事を知りました。

*今は業界を去った顧客を埋める為、アメリカとカナダへ出向きました。

*クチュールメゾンが既製品を発表し始めた事によって、無駄の
多かったパリのクチュールビジネス界が今や実を結び始めました。

ビジネスは序々に拡大を見せ、充分な顧客を開拓した事によって、1991年には輸出産業において名誉あるクイーン・アウォードを受賞しました。

リントン社は発展を遂げ、益々冒険的になっている現代の高級服業界において、そのニーズに応えるべく商品の幅を広げ、邁進しています。

高級ブランドのデザイナー達は、ユニークな生地を求める中、まだ誰も使った事の無い素材や斬新な素材を使用し、世界中の多くの国のキャットウォークに現れる事によって賞賛されるのです。